会社案内分析機器 設備・サポート環境分析採用情報

飲料水自動分析システム
 
飲料水自動分析システム(TOC・色度・濁度・pH・電気伝導率・硬度・過マンガン酸カリウム消費量)
お問い合わせはこちら

本システムは水道法に適合した分析装置を用いてTOC、色度、濁度、pHをはじめ7項目を一斉分析できるシステムです。
オートサンプラーも30検体~200検体まで幅広くラインナップしており、約7分/検体で効率よく多検体の測定し、一括したデータ処理も可能です。ご担当者様の負荷を軽減すると共にコスト削減にも効果を発揮します。

主な特徴

1.単項目から最大7項目までシステムアップが可能です。

弊社では既存装置を利用したシステムの構築も承っておりますので、御社の装置から7項目一斉分析システムへのシステムアップも可能です。是非ご相談ください。
TOC・色度・濁度・pH・電気伝導率・硬度・過マンガン酸カリウム消費量

2.制御部とデータ処理部の独立

本システムでは各項目の装置が測定したデータを持っておりますので測定中であっても独立してデータの入力などが可能です。
また万が一パソコンが故障した場合であっても測定に影響を与える事はありません。
また測定データについてはマイクロソフト社製Excelに一括して読み込み、データ処理が可能となっております。

3.タッチパネルで簡単に操作が可能

本システムの基本的な測定操作は中心となる装置のタッチパネルから行いますのですべての装置を操作する必要はありません。また単体での動作確認、設定などは各装置単独で簡単に行う事ができます。

主な仕様

システム名称 飲料水自動分析システム
測定可能成分 TOC : NPOC( 酸性化通気処理による TOC),TC,IC,TOC
色度・濁度・ pH ・電気伝導率・硬度・過マンガン酸カリウム消費量
測定装置
及び測定原理
TOC:島津製作所製 全有機体炭素計TOC-Vシステムモデル
680℃燃焼触媒酸化/非分散型赤外線ガス分析法
色度・濁度:日本電色工業社製WA6000
色度:透過光測定法
濁度:積分球式光電光度法
pH・電気伝導率・硬度:東亜ディーケーケー社製
pH・電気伝導率:ガラス電極法
硬度:光度滴定ユニット 光度滴定法
過マンガン酸カリウム消費量:ラボテック社製 電位差滴定法
測定範囲 TOC:TC4μg/L~25000mg/L IC4μg/L~30000mg/L
色度:0.1~1000度 濁度:0.001~1000度
pH・電気伝導率:使用電極によって異なる
硬度:10~500mg/L
過マンガン酸カリウム消費量:0.1~15mg/L
測定時間 約7分/検体(TOC測定1回において)
試料搭載数 20~100検体(オートサンプラーにより異なる)
試料容器 100~500mlポリエチレン容器(測定項目により異なる)
制御方法 シーケンサ
操作 タッチパネル
データ出力 サーマルプリンター
(オプションによりパソコンに出力できます)
攪拌 プロペラによる攪拌
ユーティリティー キャリアガス:高純度空気または酸素
洗浄水:純水 電源:AC100V
設置条件 周囲温度:5~35℃ 周囲湿度:30~70%RH
腐食性ガス発生のない室内

タッチパネル画面
タッチパネル画面