会社案内分析機器 設備・サポート環境分析採用情報

自動希釈装置(1本タイプ)
 
自動希釈装置(1本タイプ) KI-100-83MT5S
お問い合わせはこちら

本装置はBOD測定を行う上で、最も煩雑な希釈作業を自動化した装置です。
これまで弊社の自動BOD測定装置用の自動希釈装置のみのラインナップでしたが、各社DOメーターで測定を行っているユーザー様の「まずは希釈作業を効率化したい」との声をきっかけに開発したDO電極直接測定用の自動希釈装置です。
BOD測定において希釈作業を自動化する事により効率が飛躍的に向上します。
本装置では8検体3段希釈を最短約4分で行いますので手希釈と比較し圧倒的に効率化が図れます。

主な特徴

1.DO電極直接測定用の希釈装置です。

本装置は各社DOメーターで直接測定される場合の自動希釈装置です。自動BOD測定装置用の自動希釈装置ではサンプルを分注し、2本の希釈サンプルを調整しますが、本装置では希釈サンプルは1本のみとなっておりますので直接測定用にご使用ください。
また計量槽が200mlとなっておりますのでサンプル、希釈水を節約し、ご利用頂けます。

2.初段希釈倍率は任意設定が可能

初段希釈倍率は200mlの計量槽に対し、目標倍率相当のサンプルを投入する事により任意の希釈倍率で倍々の3段希釈もしくは2段階の希釈を行う事ができます。

初段をn倍とすると…2段目は2n倍、3段目は4n倍となります。

3.単独希釈機能

各チャンネルを設定し稼働させる事ができますので、1chのみ稼働させる、1chのみ稼働を止めるなど状況に応じた設定、稼働も可能です。
また各種手動操作画面がございますので各部を単独で動作可能です。

4.計量槽精度確認機能

任意の計量槽に水中ポンプから自動で水を注入し、任意のレベルセンサーにて止める事ができますので計量槽から排水し、精度確認をする事ができます。

5.タッチパネルで直感的な操作が可能

本装置ではパソコンは使用致しません。
タッチパネルからスタート・ストップ等の操作が可能となっておりますので、タッチパネルの指示に従って操作をするだけで、どなたでも簡単にお使いいただけます。

主な仕様

装置名称 自動希釈装置(1本タイプ)
装置形式 KI‐100‐83MT5S
希釈段数 3段もしくは2段希釈切り替え可能
(カセット単位のみ)
希釈検体数 4検体×3段希釈×2回=DOフランビン24本
4検体×2段希釈×3回=DOフランビン24本
計24本
希釈時間 8検体3段希釈 最短約4分
希釈方法 間接希釈法
希釈倍率 3段希釈の場合 初段 任意(n倍)
2段目 2n倍
3段目 4n倍
2段希釈の場合 初段 任意(n倍)
2段目 2n倍
サンプル容器 フランビン(約100ml)
計量槽容量 200ml
液面の検出 電子レベル検出器による
注入ノズル 一軸(前後) モーター駆動
制御方法 シーケンサ
操作 タッチパネル
外形寸法 W550×D450×H700
重量 約40kg
電源 AC100V 3A 50/60Hz
設置条件 有機物の影響、腐食性ガス発生のない室内
(20℃恒温室が望ましい)
排水口:自然排水が可能なこと

弊社では低価格でフランビンを販売しております。
またフランビンのビンのみでの販売も致しておりますので是非ご活用ください。


自動希釈画面
手動操作画面