会社案内分析機器 設備・サポート環境分析採用情報

自動BOD測定装置
自動BOD測定装置(ダイレクトタイプ) BOD-990シリーズ
お問い合わせはこちら

本装置は多検体のBOD測定を迅速かつ効率的に測定する装置です。
JIS K 0102.32.3(隔膜電極法)の測定原理を自動化、データ処理まで行え、作業の省力化を実現しております。
BOD-990シリーズは、DO電極で直接測定を行うことにより、BOD-700-C42NB型のフローセルタイプと比較し、 本体価格、ランニングコスト、メンテナンス性等で費用対効果の高い測定が可能です。
お客様の検体数に応じて2ch、4chタイプの2機種をラインナップしております。

主な特長

1.ランニングコストを大幅に削減

【サンプル量・希釈水量が50%削減】
 電極をフランビンに直接浸すダイレクト方式を採用。
これによりBOD測定を同一フランビンで行う事ができます。
2本要していたC42NB型と比較し、サンプル量・希釈水量を50%削減しております。
又、フランンビン洗浄も半分の手間にする事ができます。

【部品点数の減少】
 直接電極をフランビンに投入する事により、セルやチューブ、電磁弁などの部品が不要となります。
年間の消耗品はほぼ電極(内部液、隔膜)のみとなります。

2.高速・多検体測定を実現

① 8検体3段希釈測定が約7分で行えます。(全4チャンネルを同
 時測定し、電極洗浄なしの場合)
② フランビンカセットを2個セットでき、カセットを順次交換
 することにより最大328検体まで連続測定が可能です。

3.BOD-700-C42NBのノウハウも引続き採用

① ご好評頂きました自動校正機能、電極検査機能を引続き採用
 しております。
② 制御部とデータ処理部の独立により、データ処理部の不意の
 トラブルにも影響なく測定を行う事ができます。
③ 過去のノウハウを蓄積した専用帳票で簡単にデータ処理が可
 能です。
④ タッチパネル操作によりどなたでも簡単にお使い頂けます。

カタログ・ダウンロード

主な仕様

装置名称 自動BOD測定装置
装置型式 BOD-990-D40 BOD-990-D20
チャンネル数 4チャンネル仕様 2チャンネル仕様
測定方法 隔膜電極法(隔膜式ガルバニ電池法)
分解能 0.01mg/L
再現性 0.1mg/L(1カセット)
測定検体数 3段希釈16検体
(2カセット)
3段希釈8検体
(2カセット)
サンプル容器 弊社指定フラン瓶
(別途弊社指定カセットが必要)
撹拌 電極付属の撹拌プロペラ
測定部 前後上下左右 3軸制御
電極洗浄機能付
カセットを2個配置可能
校正 20℃飽和水による自動校正
制御 シーケンサ
操作 タッチパネル
データ処理 パソコン
モニター
マイクロソフト社製Excel
ユーテリティー 電源:AC100V 50/60Hz 5A
供給水:0.1MPa以上(水道水)
排水口:自然排水が可能な事
外形寸法 W780×D690×H700 W420×D610×H800
重量 約70㎏ 約50㎏
設置条件 周囲温度5~45℃
有機物の影響、腐食性ガス発生のない室内
(20℃恒温室が望ましい)

弊社では低価格でフランビンを販売しております。
またフランビンのビンのみでの販売も致しておりますので是非ご活用ください。


メインメニュー画面
測定画面
校正画面
手動操作画面