会社案内分析機器 設備・サポート環境分析採用情報

装置デモンストレーション
装置デモンストレーション  

 ラボテック(株)製自動BOD測定装置(BOD-700-C42)及び自動希釈装置(KI-100-83MT4)について、実機のデモを行っております。
 ラボテック(株)製の装置は2本タイプの旧式装置となりますが、現行装置と同じタッチパネル操作、接続PCにおける専用Excel帳票でのデータ処理であり、自動化の導入イメージがつかめます。特に、自動希釈装置につきましては、現行品と全く同じ原理で動作しており、操作要領も同じです。検体数が少ない方は、自動BOD測定装置ではなく飯島電子工業(株)製BODマスター(B-100BTi)との組み合わせにより費用を抑えて段階的な自動化も可能となります。
 これらの装置にご興味をお持ちの方、自動化の検討を進めているものの導入イメージが出来なくて悩んでおられる方、取り敢えず動いている装置を見てみたい方等は、下のボタンより装置デモをお申し込み下さい。弊社担当者よりご連絡差し上げ、細部をご説明させていただきます。

装置デモお申込み
   
自動BOD測定装置 BOD-700-C42NB

本装置は多検体のBOD測定を迅速かつ効率的に測定する装置です。
手分析の場合、希釈したサンプルを1本ずつ測定し、転記、計算を行いますが、本装置では4本毎、連続で測定を行います。
また測定したデータは装置に自動的に保存され、パソコンの専用帳票にて演算まで行います。
測定からデータ処理まで人為的なミスを排除し測定を行う事ができます。

<デモに必要な設備等>
 設置台(実験台等):W900×D550程度(ノートPC設置場所を含む)、電源(アース付き3ピン:1口、2ピン:1口)、排水用のバケツ又は水タンク

詳しくはこちら
 
自動希釈装置

本装置はBOD測定における希釈作業を自動化した装置です。
BODの測定工程において希釈作業は最も煩雑な作業ですが、本装置では低濃度から高濃度のサンプルまで精度良く倍々の3段もしくは2段希釈を行う事ができます。(初段は任意倍率)
また本装置は自動BOD測定装置と共にご使用いただく為、1日目と5日目のサンプルを2本のフラン瓶に分けて調製します。

<デモに必要な設備等>
 設置台(実験台等):W600×D500程度、電源(アース付き3ピン 1口)、模擬希釈水用のバケツ又は水タンク(φ95以上の広口)、排水用のバケツ又は水タンク

詳しくはこちら