トリメチルアミン濃縮注入装置
 
トリメチルアミン濃縮注入装置 TMA-1000
お問い合わせはこちら

本装置は、トリメチルアミン及び低級脂肪酸の分析を環境庁告示第9号により自動分析する装置です。トリメチルアミンは、ガスクロマトグラフ(以下GCとする)への試料の分解、濃縮、GCへの注入を自動で行います。
低級脂肪酸は、キャリアガスを試料捕集管へ注入(流量コントロールはGCへ依存)できるようにし、捕集管加熱炉のコネクターを本装置へ接続する事により設定温度へのコントロールを自動で行います。操作及び設定も別メニューを用意し容易に変更できるものとします。
試料が接する部分はテフロン、ガラス及びステンレスを使用し、且つ加熱を行うことにより試料の吸着を防止します。