ヒーティングインジェクタ(G-5000H)
 
ヒーティングインジェクタ G-5000H
お問い合わせはこちら

これまでのガスインジェクタにヒータを内蔵し、高沸点のガスを安定的にガスクロマトグラフに注入します。

主な特徴

1.接ガス部恒温機能

サンプルを接続するノズル部分から注入するシリンジ直前までヒータ及びヒートホースにより加温を行います。

2.自動洗浄機能

活性炭を通した洗浄空気により予め設定した回数ラインを自動的に洗浄します。

3.各種異常検出機能

温度センサーにより、温度異常時には警報を発します。

主な仕様
装置名称 ガスインジェクタ
ヒーティングインジェクタ
型式 G-5000H
接続可能GC台数 1台
サンプル採取時間設定 1~999秒 1秒単位で任意設定可能
分析時間周期設定 1~99分  1分単位で任意設定可能
サンプル容器 1~10L テドラーバック
サンプル採取方法 6方バルブ 検量管
入力 ガスクロマトグラフ READY信号×1
出力 START信号×1(無電圧接点出力)
キャリア配管接続 キャリアIN  φ1 スウェジロック×1
キャリアOUT φ1 スウェジロック×1
キャリアライン切替 バイパス⇔注入 切り替え用3方バルブ
制御方式 シーケンサによるシーケンス制御
操作方法 グラフィカルタッチパネル
(4.5インチ STN モノクロ)
電源 AC100V 50/60Hz 10A
寸法 W260×D510×H560
重量 27kg