陰イオン・臭素酸・シアン分析システム
 
陰イオン・臭素酸・シアン分析システム
お問い合わせはこちら

本システムは水道法の臭素酸、シアン分析法であるイオンクロマトグラフ・ポストカラム吸光度法を用いた分析システムです。世界で実績の高いメトローム社製イオンクロマトグラフと組み合わせ、陰イオンから臭素酸、シアンまで高感度分析(水質基準の1/10以上)を行う事ができます。また本システムではメンテナンス頻度が少なく、部品交換が容易なペリスタリックポンプを使用しています。

主な特徴

1.反応液送液ポンプにペリスタリックポンプを使用

本測定方法では1molの硫酸を使用する為、ペリスタリックポンプを採用し、高い薬品耐性と耐久性を実現しました。
またペリスタリックポンプはプランジャーポンプに比べ、ポンプシール等の消耗品交換が少なくランニングコストを大幅に低減できます。

2.臭素酸と同時に他の陰イオンが高感度で測定可能

メトローム社製の3連型ケミカルサプレッサーは高い耐圧性と省デットボリュームを実現している為、臭素酸と同時に他の陰イオンも高感度で測定可能です。

3.専用ブロックヒータ構造

本システムでは専用のブロックヒータ構造を用いており、反応部を一定温度でムラなく恒温する事ができる為、安定したデータを得る事ができます。

4.反応流路の自動洗浄

本システムでは塩の析出や配管の早期劣化を防ぐ為、分析終了後自動的に反応流路を水洗浄し、メンテナンス頻度を低減しています。

5.省スペース設計

本システム専用に設計されたコンパクト一体型反応モジュールは幅約50cmで臭素酸、シアンのカラム恒温槽、反応部、送液ポンプ、検出器等の機能をすべて有しています。


 
タッチパネル画面
臭素酸分析ピーク
臭素酸分析条件

コンパクトIC 761 条件

溶離液   1.7mM NaHCO

      1.8mM Na2CO3

分離カラム SHODEX SI-90+G

流速    1.2ml/min

電気伝導度検出器、サプレッサー

ポストカラムモジュール条件

第1反応液 1.5M KBr

      1.0M H2SO4

      0.4ml/min 反応コイル40℃

第2反応液 1.2mM NaNO2

      0.2ml/min 反応コイル40℃

UV検出器 波長268nm

タッチパネル画面
シアン分析ピーク
シアン分析条件

送液ポンプ条件

分離カラム  SHODEX KC-811

流速     1.0ml/min

ポストカラムモジュール条件

第1反応液  クロラミンT+りん酸緩衝液

       0.5ml/min 反応コイル40℃

第2反応液  PCA-ピラロゾン混合液

       0.5ml/min 反応コイル100℃

VIS検出器 波長638nm


 

製品紹介

コンパクトIC 761型

Metrohm社コンパクトCI761型は、高感度イオン分析に対応した、オートサープレッサ方式のイオンクロマトグラフです。高感度イオン分析に必要な全てのモジュールがコンパクトなボディに内臓されています。

IC フィルトレーション
サンプルプロセッサー 788 型

透析膜を利用した、自動サンプルろ過機能を持つオートサンプラです。
CompactIC761、MIC両シリーズで使用できます。

IC カラムサーモマット 782 型

ブロックヒーター型のカラム恒温槽です。