DO滴定装置
 
DO滴定装置 HD-1000-24
お問い合わせはこちら

本装置は、JIS K0102. 32.1 ウィンクラー・アジ化ナトリウム変法により、溶存酸素測定瓶に固定した溶存酸素を定量する装置です。
DO瓶を開栓しスターラチップを投入後、ターンテーブルにセットします。スタートさせると上澄み液の排出、硫酸添加後、攪拌しつつチオ硫酸ナトリウム溶液による滴定を行います。
測定値等のデータは装置内に格納され、タッチパネルで確認できます。パソコンにデータを転送させることも可能です。

主な特徴

1.高速・多検体測定を実現

自動運転で最大24本のDO測定が可能です。
約4分/検体を実現し、1日少検体~約100検体まで幅広く対応できます。
装置に格納できるデータ数は、最大240本分までとなっております。

2.高効率・高再現性

高性能な滴定ビューレットにてチオ硫酸ナトリウム溶液を滴定します。
ORP複合電極を用いた電位差滴定法を用いて溶存酸素の定量を行います。
装置ならではの正確さと再現性の高さを実証しています。

3.ターンテーブル部・窒素パージ機能

開栓したDO瓶が測定までの間に外的要因(サンプルに酸素が溶け込む)を受けにくくする為、ターンテーブル部にカバーを設けております。さらに窒素を供給する事によりターンテーブル部を窒素パージすることができ、より高精度な定量が可能となります。

4.メンテナンス性の高い設計

前面から作業できる様に配置した各部品はメンテナンス性を高めております。
ターンテーブル部は硫酸による腐食を防ぐため樹脂製品を採用しております。
電装・駆動部には頑丈で長期間お使い頂けるようにステンレス製品を採用しております。

5.タッチパネルで簡単操作

装置の操作はどなたでもお使い頂けるタッチパネルを採用しております。画面に触れるだけで簡単に操作が行えます。
また、滴定の曲線や測定データ等の確認をタッチパネル上で行えます。


タッチパネル画面
(メインメニュー画面)
タッチパネル画面
(自動測定画面)