BODマスター(B-100BT)
 
BODマスター B-100BT
お問い合わせはこちら

カタログダウンロード(PDF)

1.簡単&シンプルで再現性の高い測定
  ・フラン瓶にDOプローブを入れスタートスイッチを押すだけ。
  ・自動安定判断機能で個人差のない測定が可能。

2.増設可能な複数DOセンサー
  ・DOプローブは仕事量に合わせて4本まで段階的な設備投資が可能。

3.溶存酸素計からケーブルをなくしたワイヤレス通信
  ・ケーブルのストレスから開放。

主な特徴

1.使いやすさ抜群『ワイヤレス DO プローブ』

・ケーブルが無く自由な取り回しを実現。ワイヤレス通信で開放感ある使い心地、器具等に引っ掛ける心配もなく安心してご使用いただけます。
・電池電圧やフラン瓶の形状に影響されない安定攪拌で精度のよい測定を実現。
・フラン瓶との接触による破損を防ぐ「ぶっつけガード」
・水場でも安心してご使用頂ける保護等級IP67の高い防水性能

2.増設可能な複数の DO プローブ

・DO プローブは4本まで段階に増設が可能。将来の仕事量の増加に合わせてプローブを増設してご使用頂けます。

3.簡単&シンプルな操作で再現性の高い測定

・フラン瓶にDO プローブを入れスタートスイッチを押すだけ。
・自動安定判断機能で個人差のない測定が可能。

4.着脱式センサーWAGNIT®ワグニット

・独自の研磨技術により特殊な非球面を滑らかに仕上げることで残余電流を抑えて高速応答を実現。
・ワンタッチ着脱式で洗浄や膜・液がお客様で簡単に交換が可能。安定した出力を維持できます。

5.測定・演算作業のスピード化『検体表』

・トレー名、検体名、希釈倍率等の入力で、測定画面からの測定値を自動的に記録、BOD 自動演算。消費率も同時に演算し、適正/不適正を色で識別。
・D1、D2 測定値が自動的に検体表に入るため、打ち込み作業や計算がなくなり時間短縮と人為的ミス防止に。
・DO プローブを2〜4本同時使用して、作業時間を半分〜4分の1に削減。瓶の識別は自動で行います。
・ご使用中のBOD管理表も利用してスピード化。
・CVS形式ファイルで行列単位での貼付が可能。

6.手軽で簡単機能が満載『酸素利用速度』

・汚泥処理の最適効率把握に便利な機能。判断が容易で個人差が少ない
・自動計算、リアルタイム表示機能
・直線率の自動検索機能
・上下限数値色変更機能
・データは自動保管され必要に応じて画面表示

ぶっつけガード
着脱式センサーWAGNIT®
検体表

主な仕様
製品名・型式 BOD測定システム『BODマスター』 B-100BT
DO測定 測定方式 DO:隔膜電極式センサー(JIS K-0102 32.3)
水温:半導体温度センサー
表示方式 BOD指示部(液晶ディスプレイ)での全画面表示
測定範囲・分解能 DO:0.00〜20.00mg/l ※1(最小分解能0.01mg/l)
水温:0.0〜40.0℃(最小分解能0.1℃)
計器精度(センサー含まず) DO:±0.03mg/l
水温:±0.2℃
校正方法 校正の種類を選択、DOプローブのSTARTスイッチでON/OFF(飽和水/ゼロ水によるワンタッチ校正、選択により空気校正/マニュアル[飽和水手動]校正/水温校正も可)
防水構造 BOD指示部:防水機能なし
DOプローブ:IP67防塵・防水性 準拠
自己診断機能 校正時の正常/異常を自己診断
補正機能 温度補正(自動)、塩化物イオン補正(手動)、気圧補正(手動)
その多機能 DO測定の自動安定判断機能、測定データの検体表への記録、DOプローブ4本同時測定表示
外形寸法・重量 BOD指示部:※2約442(W)×約59(D)×280(H)mm、19インチ画面、約3.5kg(画面のみ)
DOプローブ:約φ41×175mm、約200g(電池含む)
電源 BOD指示部:AC 100V
BOD測定と機能 BOD演算 D2測定後自動演算、消費率自動計算、合格範囲内色識別、演算結果はCSV変換可能
記憶量 1,000検体以上、日付別のファイルで保管
D1/D2測定※3 培養時間:5日間
自動安定判断後DO値を自動記憶
希釈倍率 手入力またはCSV形式での貼り付け、有効桁数は小数第3位(***.***)
植種液 植種液のBOD値を使って自動計算、検体名BODS1〜9で対応
植種液濃度(%):有効桁数は小数第3位(***.***)
フラン瓶識別方法 D1トレー名、D2トレー名、検体名の入力により測定時の画面表示にて識別確認
検体表 上記機能を一覧画面で表示
ご使用中のBOD管理表(Excel等)はCSV形式での貼り付け作業のみで利用可能
(USBメモリー等でのデータ移動)
酸素利用速度測定と機能 酸素利用速度 設定TOと現在Tより自動演算、リアルタイム表示、有効桁数は小数第2位(**.**)
直線率 TO自動検索ボタンにより直線率の一番良いTOを自動検索、有効桁数は小数第2位(**.**)
グラフ表示 10秒間隔でDO変化をプロット、横軸最大40分
設定TOとT(直線率、利用速度の演算に使われる時間)が色違いで表示

※1 測定温度による

※2 BOD指示部は弊社指定(予告なく仕様変更の場合あり)インストールおよび出荷調整済み、マウス・キーボード付

※3 BOD測定、DO測定はJIS K0102による

もっと作業を効率化させたい方へ 『12本DO測定ユニット』(オプション・別売)

・DOプローブ1本で、フラン瓶12本を自動測定
・フラン瓶は専用トレーに直列で12本収納し、右側から1本ずつDOプローブが測定し、検体表に記録
 (専用トレーは検体数や恒温槽のサイズに合わせて、フラン瓶6本・9本収納タイプの製作にも対応)
・トレーセット後は同時に他の作業が可能
・現在使用中のフラン瓶や恒温槽が利用可能のため、買い替えは不要
・洗浄方法の選択機能つき

飯島電子工業株式会社ロゴ